PR

【マリオット系ホテルブランド比較】コートヤード・フォーポイント・スプリングヒル・フェアフィールド(セレクト系の比較)

応援する
海外生活

こんにちは、Stevenです。@StevenToshiCH

最近、マリオット系のホテルに、仕事やプライベートの際によく宿泊するのですが、いつも気になることがあります。

アメリカで宿泊する際、私は基本的にマリオットのセレクト系を選ぶことが多いです。フェアフィールド、コートヤード、フォーポイント、スプリングヒルなどがそれに該当します。マリオット以外では、ホリデー・インやハンプトンインも選択肢として考えます。

特にマリオット系列は、同じポイントプログラムを利用できるので、どのセレクトホテルを選ぶかはいつも迷います。大きな都市や町ではほとんどのブランドが存在しており、料金も似ていることが多いのです。

そこで今回は、マリオットのセレクト系ホテルの特徴や違いを比較してみたいと思います。

本日の記事のポイント

・セレクトホテルごとに特定のテーマやコンセプトが存在する
・料金帯は大体似ている
・リーズナブルに宿泊するならフォーポイント、少し上質な体験を求めるならコートヤード、家族旅行にはスプリングヒル、ビジネス利用にはフェアフィールドがオススメ

関連記事もありますので、よろしければ合わせて読んで下さい。

マリオット系ホテルとは

black and grey bedspread on bed and pillow
Photo by Pixabay on Pexels.com

マリオットは8,000を超える店舗を持つ、世界最大のホテルチェーングループです。アメリカを発祥とするこのホテルチェーンは、全国どこにでもその店舗を構えています。

主なブランドとしては、マリオット、リッツカールトンのような高級ホテルが挙げられます。アメリカ国内では、コートヤードやフェアフィールドのようなビジネスホテルが各地に展開されており、高いシェアを有しています。さらに、スターウッドグループも傘下に収め、シェラトンやウェスティンといった名立たるブランドもグループの一員となっています。

挙げたブランドだけでなく、その他のブランドも非常に強力で、世界最大のホテルチェーンらしく、豪華なホテルからシンプルなホテルまで、多岐にわたるラインナップを誇っています。その中でも王者とも称される存在です。

今回は、そんなマリオットの中のセレクトブランドである、コートヤード、フォーポイント、スプリングヒル、フェアーフィールドをピックアップし、それぞれの特徴を比較してみたいと思います。

コートヤード(Courtyard by Marriott)

キャッチコピーは「前に進むためのすべてがここにある」となっています。1983年に誕生したコートヤードは、現在1,200以上の店舗数を有しています。

主なターゲットは、少し余裕のあるビジネス客です。朝食は無料では提供されていませんが、レストランが併設されており、朝食・ランチ・ディナーを楽しむことができます。さらに、多くの店舗にはスターバックスも併設されています。名前が示す通り、中庭が設けられた施設が大半で、外で少しリラックスする空間が提供されています。ビジネスセンターも完備されており、作業スペースにはパソコンやプリンターなどの設備が備えられています。

近年、ビジネス利用のみならず、レジャーに適したエリアへも積極的に出店しています。

フォーポイント(Four Point by Sheraton)

キャッチコピーは「トラベル、再構築。フォーポイントでくつろいでください。ゆとりのあるステイを。」となっています。1997年に誕生したフォーポイントは、現在450以上の店舗数を有しています。

ここでの”KickBack”は、リラックスした、ソファーにもたれかかるような心地よさをイメージさせるものです。

主なターゲットはビジネス客です。多くの施設には小規模のコンベンションやセミナーを開催できるような大きめの会議室が備えられています。さらに、バーや地元の飲食店がホテル内に併設されているケースも多く、モダンなパブリックスペースを楽しむことができます。朝食は無料では提供されていません。部屋はコンパクトに設計されていることが多く、ビジネス利用に特化している雰囲気が感じられます。

フォーポイントは元々シェラトングループが手掛けていたブランドであり、コートヤードと比べると施設の整備や更新が遅れている店舗も少なくありません。現在、リノベーションを進めていると言われていますが、まだ完了していない施設も散見されます。これが影響してか、価格設定が比較的リーズナブルな店舗が多いのも特徴と言えるでしょう。

スプリングヒル(SpringHill Suites by Marriott)

キャッチコピーは「少し余裕を、普通じゃない宿泊で」となっており。そのメッセージ通り、スプリングヒルは一味違った滞在体験を提供しています。このホテルは1997年に誕生し、現在450以上の店舗数を持っています。

主要なターゲットはファミリーを中心とした旅行客です。部屋は一般的なホテルよりも少し広めに設計されており、キッチンやソファが備え付けられています。名前に「スイート」と付く通り、部屋はリビングとベッドルームがパーテーションで仕切られており、家族やグループでの滞在に最適です。また、朝食は宿泊客に無料で提供されています。

スプリングヒルの多くは、かつてフェアフィールドだった施設がリノベーションされて生まれ変わったものです。マリオットは、フェアフィールドをビジネス向け、スプリングヒルをファミリー向けとして位置付け、それぞれのニーズに合わせたサービスを提供しているようです。

フェアフィールド(Fairfield by Marriott)

キャッチコピー「シンプルの美にようこそ」が示す通り、フェアフィールドはシンプルでありながら機能的な滞在を提供しています。1987年の誕生以来、現在では1100以上の店舗を展開しており、そのシンプルさと実用性が多くの旅行者から支持を受けています。

主にビジネス客をターゲットとしており、必要な機能をしっかりと持ちつつ、余計な装飾やサービスは省略することで、効率的でコストパフォーマンスの高い宿泊を実現しています。このアプローチは、「質素だが必要十分」とも評されることがあります。特に、朝食が無料で提供される点は、出張者やビジネス利用の方々にとって、非常に魅力的な要素となっています。

Steven
Steven

全部同じかと思ったけど、やっぱりそれぞれコンセプトがあるんだね。部屋の造りは似ていることが多いけど、ロビーや外観は微妙に違うかも。

価格帯の違い

black laptop placed on table
Photo by Pixabay on Pexels.com

コンセプトに続き、次は価格の違いを見てみましょう。

ただし、ホテルの建設時期、リノベーションの有無、立地条件などにより、価格は大きく変動します。そこで、ホテルが密集している特定の地域で複数のデータを取得し、平均値を計算してみました。

場所フォーポイントフェアフィールドコートヤードスプリングヒルシェラトンウェスティンマリオット
シカゴ
(空港近郊)
¥20,520¥19,440¥21,195¥23,355¥23,625¥24,165¥23,895
デトロイト
(空港近郊)
¥18,636¥21,347¥21,199¥21,481¥26,197¥31,889¥23,433
ニューヨーク
(タイムズ・スクエア近郊)
¥28,215¥28,620¥25,920¥28,080¥39,555¥39,420¥61,290
ロサンゼルス
(空港近郊)
¥25,679¥30,831¥31,147¥33,079¥30,191¥31,882¥37,311
オーランド
(ディズニーワールド)
¥22,949¥19,913¥19,912¥25,059¥32,500¥33,846¥49,948
平均¥23,200¥24,030¥23,875¥26,211¥30,414¥32,240¥39,175

価格を見ると、フォーポイント < フェアフィールド = コートヤード < スプリングヒルの順で価格が上がっています。私の経験上も、やや安価なオプションを探しているときは、フォーポイントに泊まることが多いです。

ただし、セレクトブランドからプレミアムブランドに移ると、価格が大きく跳ね上がることがわかります。特に、ニューヨークのマリオットやシェラトン、ウェスティンは他の地域と比べてもかなり高価です。これは、ニューヨークの物価や立地の良さが反映されているのかもしれません。

Steven
Steven

フォーポイントはコスパ、フェアーフィールドは朝食付きビジホ、コートヤードはちょっと贅沢、スプリングヒルはファミリー向けだね。

関連記事

マリオットと他のホテルチェーンを比べた記事も以前書きましたので、よろしければ以下の記事も見てください。

関連記事のポイント

・売上はダントツでマリオット
・利益はヒルトンのほうが強い
・ただ株価は全体としてちょっと加熱し過ぎか?

終わりに

いかがだったでしょうか?

今回はマリオット系列の中でもセレクトホテルの比較を行ってみました。

ツイッターもやってますのでよろしければフォローいただけると嬉しいです。毎週月曜日6時AMには経済指標をツイッターでまとめて発信しております。またコメントも頂けると幸いです。 これからもアメリカの現地の声を届けていければと思っております。@StevenToshiCH

それでは、ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました